1. googleアナリティクスの便利なカスタムレポート簡単設定

googleアナリティクスの便利なカスタムレポート簡単設定


On 2013年6月17日 by 勝 光治

 

もはやホームページ集客、ブログからの流入を中小企業・店舗でさえ無視はできないのは周知のとおり。

 

でも、結構多いのが『ホームページを作って終わり』ってパターン。

違うよね。ホームページを作ったらそこへ新規のお客様&既存客を集客(誘導)しないとまったくもって意味がない。

 

そこでの戦略を経営者が決めないといけない。ホームページは新規獲得に重きを置くのか?それとも既存客との接点なのか?ってことを・。

 

ほとんどの場合は新規獲得がメインのはず。もしくは6割以上の重きを置いているとおもう。

 

新規獲得であればキーワード広告がはっきり言って手っ取り早いってことは過去にも言ってると思うのだけど、今回はアクセス解析を使った方法で便利なものがあったので共有してみますね。

 

 

で、googleアナリティクスってなに??

 

ですよね?

googleアナリティクスって天下のgoogle様が無料で提供しているアクセス解析ツールの事。グーグルアカウントがあればだれでも自社のホームページの主要なデータが解析できるのです。例えば

・アクセス数

・流入経路(どこから来たか?)

・検索キーワード

・新規訪問数、リピート訪問数

・サイト内での移動遷移

などなどあげたらきりがないのですが、まあいろんなことが見れます。モール内のサイトやアメブロなど他社ドメインは無理です)

アナリティクスのトップ画面。ぼかしてあるところには数字が入っています

アナリティクスのトップ画面。ぼかしてあるところには数字が入っています

でも、ほとんどの中小企業ではあまり分析しても意味が無かったりします。

私的には分析よりもまずは一部のデータだけでも簡単に見れてそれを今後のアクションにつなげるだけで十分かと。

 

でも、その肝心な見方が結構わかりづらい。そこで今回簡単な設定だけである一定のデータが見れる方法がありました。

 

集客分析レポート

集客分析レポート - Google Analytics

 

こちらは集客分析レポート。どこのサイトからのアクセスが多いかなどが一目でわかる。4番目がヤフーの検索結果からの流入、6位がgoogleの検索結果からの流入。

 

って、ことは1番から3番は、というかYahooとgoogle検索結果アクセス以外の上位8個に関しては広告など自社努力で集めているってことが分かるかと思います。

もちろんその中でもどこのサイトや広告からの流入があるかについてわかれば今後の対策改善につながりますよね。

 

 

 

ロングテールキーワード分析

 

3つ以上のキーワードだけを表示してくれる

3つ以上の検索キーワードだけを表示してくれている

 

結構便利かもっ!ておもったのがこちら。

今回は通販サイトを分析したんだけど、そうすると一番多いのはやっぱ『松阪牛』なんだよね。でも実際は沢山の複合キーワードで検索されているんです。

で、このレポートは3キーワード以上の組み合わせのロングテールキーワードのみ一発表示してくれる!あなたのアナリティクスにも簡単設定できますよ~。

今回は父の日前後のデータだったのでそれ関連のキーワードの流入がほとんどってわかりますよね?

 

もう既にアナリティクスアカウントがあればログインした状態から以下のリンクをクリックするだけで設定できます。

本当にGoogle様ってスゴイですね。

 

 

 

・ページ分析https://www.google.com/analytics/web/template?uid=7FL4NkOJQKS_ttsjAYatsA

・ロングテールキーワード分析https://www.google.com/analytics/web/template?uid=oriOTwCVRgO5kz0gVRc4aQ

・集客分析https://www.google.com/analytics/web/template?uid=DeK5zKKWStC75QA6ZmxeSg


Comments are closed.

  • アンケート

    私のブログはいかがでしたか?

    View Results

    Loading ... Loading ...
Plugin from the creators ofBrindes Personalizados :: More at PlulzWordpress Plugins